安全なムダ毛の自己処理はある?

安全なムダ毛の自己処理はある?

 

自己処理は肌への負担が大きい

昨今、脱毛の自己処理は肌への負担が大きいので、やめた方がいいと言われています。
しかし、何がどういう理由でダメなのかわからないまま、使用し続ける方もいますよね。

 

成長とともに体毛が生え始めると、自己処理を始めるようになります。
最初は知識やお金もないので、ただムダ毛がなくなればいいんだということで、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりするものですよね。

 

さらに成長していっても、なかなかムダ毛の処理方法には変化はなく、カミソリや毛抜きに加えて、脱毛テープや除毛クリームなんかを試すようになります。

 

大学生くらいになると、ジェイエステなどで脱毛もやってみたい気はするものの金銭的な理由で、できない場合もありますよね。
その頃には、ムダ毛の自己処理も習慣化され、多いときには毎日のように処理をしてしまうということもあったりするものです。

 

知識がないままに始めて習慣化されてしまったムダ毛の自己処理は、それ自体が自分の肌を傷つける行為だということになかなか気付くことができません。

 

カミソリでの自己処理は、シェービングフォームなどを使ったとしても、肌に直接カミソリという刃物を触れさせてムダ毛の処理をしますよね。
カミソリの刃は脆いため、くり返し使うと刃こぼれなどが起きてそれにより肌を傷つけてしまいますし、使い方を誤れば、肌を切ってしまうこともありますので、肌にとってよくないことははっきりしています。

 

毛抜きは一本一本抜くという作業に時間はかかるものの、次に生えてくるまでの期間が長いので愛用している人もいますよね。
しかし、毛抜きはカミソリよりも肌への負担が大きいものです。

 

毛は毛根に向かうにつれ太いですよね。
毛先をつまんで引っ張ると、毛穴よりも大きな毛根部分が引き上げられ、それによって皮膚も引っ張られてしまいます。
毛穴が開いて出血してしまうこともあり、そこに細菌が侵入して炎症を起こしてしまうこともありますし、毛根が残った場合には埋没毛になってしまうこともあるわけです。

 

また、除毛クリームを使うと肌の表面に出ているムダ毛を一気に処理することができますが、毛を溶かすほどの力があるものを肌の上に載せておいて、肌への負担がないわけがありませんよね。

 

それでも自己処理をするというならば、電気シェーバーを使うようにするといいですよ。
脱毛サロンなどに通っている間の自己処理もシェーバーの利用を勧められます。
それだけ、他の自己処理に比べて肌への負担が少ないからです。でも、脇脱毛はエステでしたほうがいいですけどね。

 

何度も同じ場所に使ったり、強く肌に押し当てたりすると意味がありませんので、正しく使って肌に優しい自己処理を心がけるようにしましょう。

脱毛と時代背景

昨今、脱毛の自己処理は肌への負担が大きいので、やめた方がいいと言われています。